2021.11.14

インフルエンザについて

看護科より 

 

11月中旬となり、急激に寒さもましてきました。

皆様も体調崩さずに過ごされていますか?

 

急な湿度の低下により体の乾燥も気になってくる季節ですので、しっかり水分摂取していきましょう。

 

 

世間でも今年はインフルエンザが流行る言われています。

                  (毎年言われている気が・・・)

  今回はインフルエンザについてお話します。

 

インフルエンザ:インフルエンザウイルスが原因で起こる呼吸器感染症です。

     感染経路は飛沫感染と接触感染で感染力が強い為、流行が始まると短期

     間で感染が拡大します。普通の風邪とは異なり、インフルエンザは重症

     化しやすく、感染力が強いことから定点把握されている感染症の1つで

     す。

  

流行時期:毎年11月下旬~12月上旬に流行が始まり、翌年の1月か2月にピーク

     を迎え、春先にはおちついてきます。

 

潜  伏:1~4日(平均2日)

感染時の対応として発症後48時間以内に抗ウィルス薬の服用、吸入をすれば、症状が軽減され、早く治ることが期待されます。早めに治療することは自分に体を守るでけだはなく、他に人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要です。

 

1:睡眠をしっかりとる。

2:部屋の温度や湿度を適切に保つ。

3:水分を十分に補給する。

 

 

**インフルエンザの予防と対策ポイント**」

  流行前に

*インフルエンザワクチン接種

  インフルエンザが流行したら

*人混みや繁華街のへの外出を控える        

*咳エチケット

*手洗い・うがいの実施

*外出時にはマスクを利用

*十分な休養、バランスの良い食事

*室内では加湿器などを使用して適度な湿度に

(気温:1820℃)、湿度:5060%程度)

 

予防接種の時期通常の流行期は1月から2月ですので、接種時期は12月上旬が望ましいとされています。効果は2週間からおよそ5カ月程度です。

 

ワクチンを接種してから抗体がつくられるまで約2週間かかります。インフルエンザが流行するのは、12月から翌年の3月頃までなので流行時期を迎える前に早めに接種しておきましょう。

  

 

インフルエンザ予防接種について。。。

あかしあでは現在ワクチン発注中です。

届き次第、利用者様へのインフルエンザワクチン接種を開始していきます。

 

今年もあと残すところ約1カ月半となりました。

皆さまが、健康な状態で今年を終えられ、新しい年を

迎えられますことをお祈り申し上げます。

 

 

 

Related

関連記事

  • 2021/9/6

    白癬菌とは

  • 2021/10/11

    口腔ケアで新型コロナウイルス感染予防をしよう

  • 2022/6/17

    梅雨入りしましたね

New

新着記事

ブログTOP

Contact

施設やサービスについてご不明な点がございましたら
こちらからお問い合わせください。