2021.07.18

熱中症にご注意を!!

老健あかしあ 看護科より 

<熱中症>

大阪は先週より梅雨明が発表され、毎日暑い日が続いています。

本日の最高気温も大阪 33℃ でした。

 

この時期になると心配なのが熱中症です。

毎年、死者数もかなりの数が出ることから、厚生労働省も全国的に注意喚起されています。

外出時だけでなく、室内にいても熱中症になる危険性があります。

特に高齢者は熱中症になるリスクが高いとされており

体調を悪化させてしまう危険性があるので特に注意が必要です。

 

 また、コロナ渦にてマスクを使用することが多い為、

          今まで以上に熱中症になる危険性が高くなります。

今回はこれからの時期に大切となる「熱中症対策」について紹介します。

熱中症になった時の症状

めまいや立ちくらみ、顔が熱くなる

②体のだるさや発熱

③吐き気や嘔吐

④しっかり歩けない、ボーっとしてしまう

⑤水分補給できないなどの症状が出てきます。

 

対策

こまめな水分摂取

②ほどよく塩分をとる(塩分制限のある方は注意が必要)

③バランスのとれた食事や睡眠

④部屋を涼しく、過ごしやすい環境をつくる(冷房の使用、風通しを良くする

⑤衣類の調節をする(綿など通気性の良いものを選ぶ)と様々な対策が挙げられます

 

身近に出来る予防を取り組んでいただき

無理なく夏を楽しんで過ごしましょう***

Related

関連記事

  • 2020/12/27

    12月のリハビリ課だより②

  • 2018/10/1

    勉強会

  • 2010/9/13

    3階で昼食バイキングをしました

New

新着記事

ブログTOP

Contact

施設やサービスについてご不明な点がございましたら
こちらからお問い合わせください。