2024.02.26

新しい芽

やまさき白寿園 事務所 

金のなる木は、乾燥や低温などの厳しい環境に適応し、

世界中に分布するベンケイソウ科に属する丈夫な植物で、

和名はフチベニベンケイですが、もっぱら金のなる木、

またはカゲツ(花月)として流通しています。

新芽が小さいうちに、5円玉の穴に通しておき、

そのまま成長させて、5円玉が抜けない状態にし、

枝にお金がなったように仕立てたものが流行したのを契機に、

その姿から成金草とも呼ばれているそうです。

 

乾燥に強いけれども、この冬にちょっと過湿にさせてしまったのか

根腐れが起こってしまい、木の根元までふにゃふにゃになり仕方なく

葉をむしり取り、木も根元まで折り取って哀れな姿にしていました。

 

 でも、よかった❤

根元からしっかりと若い芽が(葉が)たくさん出てきてくれました。

ありがとう( ´艸`)

 

 

こちらはかなり重症だったから、

もう少し先ですね。がんばれ!

早く玄関の他の鉢みたいに大きく大きくなって

また花をつけてね。

 

Related

関連記事

  • 2016/6/26

    散歩へレッツゴー!

  • 2021/12/30

    ゆず味噌作り!!

  • 2012/6/12

    想い

New

新着記事

  • 2024/4/2

    夜桜とお雛様

  • 2024/4/1

    ★★今年度も宜しくお願い致します★★

  • 2024/4/1

    国の指針に基づく面会制限解除についてのお知らせ

ブログTOP

Contact

施設やサービスについてご不明な点がございましたら
こちらからお問い合わせください。