春は「隠れ脱水」にご注意を!!

 

こんにちは、訪問看護ステーションかわなべスタッフです。

今回は「隠れ脱水」についてのお話をさせて下さい。

 

脱水症になりかけているのに、本人や周囲が気づかない状態を「隠れ脱水」と呼ばれています。

実は脱水は1年を通して起こる可能性があります。

 

脱水というと、夏場に汗を大量にかくことで起こると思われがちですが、春は気温の変動が激しく体の準備もできていないため、体温調節機能に異常が起きやすく要注意なんです。

隠れ脱水は、水分補給によって改善しますが、高齢者の方は脱水状態からもとに戻る力が弱くなっているので、特に注意が必要です。

 

隠れ脱水の予防方法

  • 規則正しい生活を送る①規則正しい生活を送る

生活の乱れが隠れ脱水につながります。規則正しく食事をして、6時間以上睡眠をとるようにしましょう。

規則正しい生活を送り、疲れをためないことが予防になります。

➁こまめに水分補給をする

「喉が渇く前」に水分補給を行なうように心がけてください。

水分補給の目安はコップ1杯程度の水分を1日8回と言われています。

 

春は楽しいイベント等もたくさんありますので、体調にお気を付けになって、楽しんでいただければと思います。

Related

関連記事

  • 2023/2/3

    健康観察終了のお知らせについて

  • 2019/10/20

    新シリーズ「あねご」ながよし苑編 part3

  • 2010/3/2

    2010年看護だより

New

新着記事

  • 2024/5/28

    食前体操

  • 2024/5/27

    老健入所空き状況

  • 2024/5/20

    備えあれば憂いなし

ブログTOP

Contact

施設やサービスについてご不明な点がございましたら
こちらからお問い合わせください。